現在の水準や評判をチェックしよう

男性

貿易大国日本において、貿易事務派遣の仕事が着目されています。そんな貿易事務の求人を探す際に大切な事の1つが、その求人が業界全体の給与相場と比べてどうなのかという点です。2019年8月時点では、貿易事務の派遣の給与相場は、時給に換算すると1500円程度と言われています。その水準程度の求人は当然の事、時給換算1700円以上の求人も多い傾向にあります。時給の高い求人になればなるほど、今までの職務経験や語学スキル等が求められるようなるので、そうしたスキルを持ち合わせている人にとっては、逆にチャンスといえます。その他、給与相場と同時に、職場の雰囲気やその会社で働く際にあった方が良いスキル等を把握するため、口コミや評判は漏らさずチェックしましょう。

この雇用形態を選ぶ目的とは

この貿易事務という職種は、派遣という働き方を選ぶ人にとって様々な利用目的があります。まず、貿易事務の職場では、色々な職場での経験がある人を求めている傾向にあるという事です。貿易といっても、会社により取り扱う商品の種類や、取引先の国には様々な所があります。そのような仕事内容なだけに、様々な経験をしてきているであろう派遣の仕事をしている人の方が変化に対応しやすい傾向にあるため、重宝されるのです。そうした事と重なり、色々な経験をしたいという人が多い傾向にもあり、敢えて正社員を選ばず派遣を選択する人も少なくありません。そのような事を念頭に入れ、業界未経験でも可という求人が多いというのも貿易事務の派遣が選ばれる理由ともなっています。

その他にもこの仕事を選ぶ動機が

また、この仕事は、研修で興味深い事を学べる傾向にあります。貿易業界専門用語の英単語や定型文、あるいはその会社が主に取引を行っている国独特のビジネスマナー等、他の業種では中々学ぶ事の出来ない知識が多く身につきます。もちろん、貿易事務の基礎や電話応対の事等もきっちり学べる所が多いというのも、貿易事務の派遣の良い所です。その他、派遣であれば様々な貿易事務会社で働く事が出来るので、複数の国の事を学べるという事も派遣という働き方を選ぶ要因になっているという人もいます。正社員を目指すという目的はもちろん、将来的に世界を相手にする仕事がしたいという人が、多くの国の商慣習等を勉強するために、貿易事務の派遣の仕事を求めるという人もいるようです。また、貿易事務では様々な外国の人と話す事も多く、英会話教室や教材等では学べない、生きた英語等の外国語を職務の中で学べるという点を活用する人もいます。

広告募集中